子どもの権利条約

1989年に国連で採択され、1994年に日本も批准した子どもの権利条約。
現在もさまざまな訳と、その解釈がありますが、「子どもの最善の利益」を基盤にして、今後とも子どもの権利の発展のためにも大いに生かしていきたいものです。