第13回CRC日本学習会

 

国連報告書から学ぶ子どもの権利

 CRC日本の報告書作成プロジェクトでは、子どもの権利条約に基づく日本政府報告書に対する国連審査に向けた報告書を国連へ提出しました。11月1日の提出期限に向け、各領域別起草委員が基礎報告書(権利侵害を示す材料)集めや素案作りを開始しました。提出までの約4か月間、各起草委員が議論を重ね、最終的に英文150ページを超す報告書が完成しました。
 「CRC日本がどのような報告書を提出したのか」「草の根活動に携わるメンバーの経験や情報を集約し、独自の学習会を展開してきたCRC日本が考える子どもの権利侵害とは何か」「それを解決するために、国連から日本へどのような勧告が必要なのか」、そして「これから先を生き、社会を作る子ども達に何を残すべきなのか」このような内容の学習会を開催いたします。今回提出した領域は総論(意見表明権)、東日本大震災、家庭、保育、教育、離婚と面会交流、児相問題、社会的養護、差別、貧困、メンタルヘルス、子ども報告書です。草の根活動を通して見える課題について勉強会を開き、意見交換を続けてきたCRC日本では、今後も、日本の子ども問題を勉強会を通して参加者全員で共有し、報告書の提出だけで終わらせず、草の根でさらにできることを一緒に考えていきます。みなさまの参加を心からお待ちしております。


【日時】2017年12月9日(土) 09:30~17:00
【場所】としま南池袋ミーティングルーム 301会議室
    東京都豊島区南池袋2-34-5 藤和第2ビル 3階
    東京メトロ東池袋駅 徒歩4分 or JR池袋駅(東口)徒歩8分
【講師】各領域別起草委員会担当者
【費用】1,000円(参加費・資料代込み)
【主催、問い合わせ先、予約先】
    子どもの権利条約日本(CRC日本)
    HP: https://crc-nihon.com/
    メールアドレス:office@crc-nihon.com
    電話:090-2096-4835 (林)
    ※定員24名:予約制
学習会チラシ